スマートフォンのカメラで映画撮影?!

映像・写真
この記事は約3分で読めます。

風邪をひいてしまい、寝込んでしまいました・・・

iphone11販売されましたね!

さてさて、今回のiphoneも他のスマートフォンに遅れることなく、カメラ機能が強化されていましたが、年々進化する スマートフォンのカメラの性能ですが、はたしてスマートフォンのカメラで映画撮影を行っているのか。

このことについて、今日は、記事にしたいと思います。

映画の撮影でスマートフォンが使用されているのか

早速、面白い記事を見つけましたので、ご紹介します。(リンクは記事最下部へ記載)

映画の撮影でスマートフォンのカメラが使われているか

答えは、使っていないと答える人が多い思いますが、実は使われています。私自身まさかと思いましたが、使われているという記事を見つけたのでご紹介します。

映画『ゴジラ』と言えば、日本人なら誰でも知っていると思いますが、数年前に『シン・ゴジラ』が上映されていましたが、この映画ではiphoneで撮影された映像が使われているとのことです。流石に全編ではなく一部とのことですが、数年前のスマートフォンのカメラで映画の撮影をしていたとは、もう言い訳なんてできませんね。

もう一つ気になったのが、 この映画の編集ソフトです。日本映画の映像編集の多くはAvidの「Media Composer」が利用されているようですが、Adobeのプレミアが使用されていたとのこと。今では、Adobeを映画の世界で使用することも増えてきているようですが、色々な意味で『ゴジラ』の凄さを改めて感じた記事でした。

スマートフォンのカメラ機能

iphone11に関わらずスマホのカメラ機能は年々進化を続けており、カメラが売れない状況も解消されるように感じられません。

今回発売されたiphone11Proに関しても、広角と望遠レンズに加え超広角の3つのレンズは、アニメ『ボトムズ』を連想させ、夜間撮影においても綺麗に撮影できるようになり、何処でも誰でも押すだけで綺麗な写真が撮れる時代となりました。それから、動画も4K撮影が可能となるなど、凄い時代が来ていますね。

それにしても、センサーサイズが小さく、光学ズームの出来ないスマホで夜まで綺麗に撮れるとは驚きです。Appleのカメラって何処が作っているのかな?知っていたら教えてください。

まとめ

写真にもありますが、今では大人より子供の方が使いこなしている印象です。子供達は生まれながらにスマートフォンがある時代。これから、世の中の仕組みはまだまだ変わりそうですね。

映像制作の場面でもスマートフォンが使われているとのことでしたが、ひと昔と比べ撮影機器も小型化し、大型の撮影機器はレガシー化し、人件費の伴うアシスタントも不要の時代となりました。高性能の映像編集ソフトも身近となり、これに伴い映像制作の価格もひと昔と比べると確実に安価になっています。

文字や静止画以上に情報伝達能力が高い映像をいち早く導入して、他との差別化!早く始めるに越したことはありません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました